2013年12月アーカイブ

クリスマス満喫

今日はクリスマスですね。

クリスマスといえば、
ライトアップやイルミネーションで街中が煌びやかになりますが、
最近よく耳にするのが、「 3Dプロジェクションマッピング 」
3Dプロジェクションマッピングとは、
建物や物などをスクリーンに見立てて、立体感のある映像を映す技術だそうで、
関西では、大阪市中央公会堂や、大阪城なんかでもやっています。

私は大阪市中央公会堂のを観たことがありますが、
音楽に合わせて、次から次へと映像が映し出される様は圧巻!!
寒空の下だという事を忘れて見入ってしまいました。
そして今、気になっているのは大阪城、
あんな凹凸のある建物に映像を投影したらどんな感じになるんでしょうね。

年末の、しかも平日ド真ん中で、皆様お忙しいかと思いますが、
3Dプロジェクションマッピングで、クリスマス満喫してみてはいかがでしょうか?

                                                                              スタッフ:食いしん坊

追伸、
因みに大阪城の3Dプロジェクションマッピングですが、入場料がいります。
通常は1,600円だそうですが、カウントダウンの日は、
一番高いチケットで7,000円のチケットが発売されていました!!
驚きのお値段に 「 高っ 」 とツッコミを入れてしまいました coldsweats02

  スタッフ (2013年12月25日 17:54) | コメント(0) | トラックバック(0)

 

年賀状の準備

 数年前から主要駅構内にて、郵便局による年賀状の出張販売が始まっていますね。
この試みは、忙しいビジネスマンにとっては非常に便利だと思います。
購入に行く手間も省けますし、その光景をみて、そろそろ準備しなきゃと認知もできます。

さて、私自身の年賀状ですが、毎年どなたに送ろうかと思案します。
中には、10年以上も会っていない友人もいて、さながら「安否確認」のよう・・・(笑)
こちらが送ることによって、年が明けてから返事を頂いたりすると、なおさらです
うちの社長は、御縁を大切にする方で、折りにふれ社員にもその重要性をおっしゃいます。
うーん、 「やめるタイミング」ってホント難しいです・・・。

                                             スタッフ:N

 なお、来年4月1日より実施される消費税率引き上げに伴い、
約20年ぶりに郵便料金も値上がりします。
一般的なハガキは52円、手紙(25gまで)は82円となり
その他の郵便物も値上げの予定となります。


 

  スタッフ (2013年12月18日 17:06) | コメント(0) | トラックバック(0)

 

ある日の出来事、ハプニング編

ある日の出来事。

スタッフ皆、黙々と作業をする中、私は独りある違和感を感じていました。
移動したり、荷物を運ぶのにしゃがんだり立ったりする時、
脚の付け根がいつもと違う感じがするなと思いながらも、
私も他のスタッフ同様、黙々と作業を続けていました。
そして休憩に入り、ある事実が判明!!

なんと違和感を感じていた箇所のズボンが破けていたんです!!
「 ギャー 」 と心の中で叫んでしまいました。
幸いな事に、ズボンの下に同色のレギンスを履いていた事と、
内側の脚の付け根だったので誰にも見えていなかったのですが・・・

見えないとはいえ、破れたズボンを履いたまま
その後も黙々と作業に勤しむ、食いしん坊なのでした。

                                                      スタッフ:食いしん坊

  スタッフ (2013年12月11日 18:30) | コメント(0) | トラックバック(0)

 

年の瀬の風物詩 〜 縁起を担ぐ書体

12月に入り、各地で年の瀬を告げる様々な行事が催されています。
先日も、京都・南座の 「吉例顔見世興行」(30日〜12月26日)に先立ち、
出演者の名前を書いた看板を劇場正面に掲げる 「まねき上げ」 が行われました。

以前、母とお正月の準備に錦市場に行った際に見たことがあり、
一挙に年の瀬が近づいた感じがします。

そもそも 「まねき」 とは 「招き看板」 を略したもので、
幅30センチ、長さ1.8メートルの大きなヒノキの板に、今年は61枚の名前が取り付けられました。

その看板に使用される書体は 『勘亭流(かんていりゅう)』 と呼ばれ、
隙間のない丸みを帯びた独特な太文字で、内側にハネるように描かれています
隙間なく客席が埋まるように、また劇場に多くの人が呼び込まれる(内に入る)ようにと、
いずれも、大入りになるよう縁起を担いでいるのだそうです。

そこで、代々受け継がれる縁起が良いとされる3つの書体をご紹介いたします。
看板やチラシの見出し、その他何かのヒントになればウレシイです。

                                                                         スタッフ:N

 ヾ亭流(かんていりゅう) 
 歌舞伎や相撲の看板などに使われ、縁起の良い書体とされています。
 くずし文字で先が丸みを帯びています。

  1-勘亭流.jpg

 

寄席文字(よせもじ)
寄席で使われる書体で、くずし文字で先が角ばっています。

2-寄席文字.jpg

  

d栃源(かごもじ)
お祭りのハッピなどによく使われている書体で、太くてしっかりしており、
勘亭流や寄席文字と比べると読みやすくなっています。 

3-籠文字.jpg                          

 

                                                           

  スタッフ (2013年12月 4日 17:58) | コメント(0) | トラックバック(0)

 
最近のコメント
カテゴリ
About

このページには、2013年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年11月です。

次のアーカイブは2014年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。



株式会社 ディーエム・ダイコー
〒555-0012
大阪府西淀川区御幣島2-20-15
TEL 06-6471-8588
FAX 06-6471-8908
E-mail:info@dmdaiko.co.jp
▲ ページTOPへ